1パック10個入り228円

見分けが付かない卵の如く、どこにでもいる人間

ファッションセンスを疑って、後。

 

私のファッションとの付き合い方として、タンスやクローゼットを眺めてウンウンと悩むことはほとんどありません。「コレに合わせるのはコレ!」というのが基本決まっています。服が面倒くさいと言うのもあるんですけど、もうね、センスがないんですね。労力を使った分だけダサくなっちゃう。

それでたどり着いた先が、オシャレな着こなしをそのままコピーするという方法。良いな、オシャレだなってコーディネートを集めて、そこから5~6着を厳選して、それを再現します。

 

雑誌やオシャレな人を思い浮かべながら、こんな可愛い服、キャラじゃないかな。ちょっと背伸びしすぎているかな。肌が出過ぎているかな。そう思って自分向け(だと本人は思っている)にアレンジしていた時よりも、ちょっと勇気を出してそのまま着てみた時の方がよっぽどオシャレだったんですよね。料理下手な人がアレンジを加えて不味くしちゃう、みたいな。自分にはセンスが無いんだと自覚して「お手本に忠実」がモットーです。

 

私が学生だった頃に「雑誌をそのままマネする人は真のお洒落じゃない。むしろダサイ」みたいな雰囲気があったんですよ。今思えば『真のお洒落ってなんやねん』って感じなんですけど、若い時ってそういうジャッジに敏感じゃないですか。でも私の場合マネした方がよっぽどオシャレだった。そんな経験しちゃうと”真のお洒落”とかどうでも良くなりました。年を取ったっていうのもあるのかな。

 

着回しも考えません。だけど別のアイテムと組み合わせることも全然できて。「コレ!」って選んだコーディネートが100点満点ならば、着回しで手に入ったコーディネートは75点くらいかな。でも、着回しするつもりで買った服だって、全部100点満点の着こなしじゃなくないですか。80点の着こなしが3つみたいな。どっちが良いかは好みなんでしょうけど。『自信を持って着れる服を1つくらいは持っている』という事実は、オシャレに苦手意識のある人間にとったらすごく心強いんですよ。

 

こういう服の選び方をしてからファッションが嫌いだという気持ちがちょっと薄らぎました。着たい服を着ているということも大きいのかなと思うんですけど、必要以上にコンプレックスと向き合う時間が無くなったからかなあとも。

オシャレってコンプレックスとのタイマンじゃないですか。ココが気になる、ソコが気になる、太っている部分を隠したいとか。ちょっとでも服で何とかしようと思うと、嫌ってほど自分のダメなところを見つめるはめに。それってやっぱりしんどかったんだなあって。

 

目下の心配事は年々参考に出来るものが減ること。今はまだアラサーなので、参考に出来るファッション媒体が多いんですけど。雑誌だけじゃなく、一般の人がコーディネートをネットに上げたりね。でも年齢が上がるにつれてスタイルや生活に自信のある人しか写真をアップしなくなるじゃないですか。そういう選ばれし者がするファッションが自分の好みに合うとも思えませんし。10年経ってアラフォーになった時、参考にできるものを見付けられるか今から不安ですね。

 

オシャレ好きな人たちが一生懸命考えた着こなしの中から、より良いものをひょいと拾い上げているような美味しいとこ取りの人間なので、何卒、コーディネートを公開するこのブームが終わらないことを祈るばかりです。

 

ひょんなことからミニ財布デビュー

 

財布をミニ財布にして1年が経ちました。増税(2019年10月)によるキャッシュレス還元合戦が起きた時に「大きな財布はもう要らない!」なんて言われてましたけども、私がミニ財布にしたのはもうちょっと後。コロナウイルスの流行がきっかけでした。

 

ウイルスが流行してお金を触るのが嫌でキャッシュレスにしたの?いいえ、違います。

「行動を自粛してください」と言われ始めてた頃、どこがセーフでどこがアウトかって曖昧だったじゃないですか。それでお散歩報告をした芸能人が炎上しちゃったりして。その後「お散歩くらいだったら良いですよ」って政府のお墨付きが出たことで鎮火していくんですけど。

 

私もすごくガチガチに食料品の買い物以外は出歩かない生活をしていました。インドアな人間なんですけど、あの時は私でも外が恋しくて、政府の『OK』が出てからはちょくちょくと散歩に出るように。

散歩には家の鍵とスマホとお金をショルダーポーチに入れて歩いていました。でも小さい財布を持っていないから、お金はナマで。何回も散歩に行くうちに「ナマの現金は下品すぎやしないか」「スマホとお金が触れるの嫌だなあ」という思いが積もっていき、ミニ財布デビューという流れです。

 

コロナ禍の散歩と小さいバッグが相応しい場のためだけのアイテムだったはずなんですけど。何かあった時のためにカードを、倒れた時のために身分証を…と、どんどん中身が増えていき、財布の中身を入れ替えるというマメさを持って生まれてこなかったこと。そして思いのほかコロナが長引いていて未だに散歩の習慣があることが理由で、今ではすっかりミニ財布の方が常用に。

 

長財布を使っていた時は「小さい財布は使いにくそうだ」と漠然と思っていたんですけど、慣れたら全然平気でした。あのサイズで十分だったんだなあと。むしろ久しぶりに長財布を引っ張り出すと「こんなに大きかったっけ」って手の中でモタモタしちゃう。慣れってすごい。

 

しかし、中身はよろしくないですよ。先日ここでも書いたのだけど、今小銭が溢れていまして。ちょっとでも消費するために小銭をたくさん入れているので財布が重たいんです。早く見た目に相応しく、中身もコンパクトにしたいです。

記事:小銭貯金を卒業して半年 - 1パック10個入り228円

 

あとはキャッシュレス派に仲間入りしたい気持ちも最近大きいです。カードは持っているんだけど、お店でどう声をかけて提示したら良いかが分からなくて、結局のところ通販くらいでしか使えていないのが現状。税金とか手数料とか取られる金額が値上がりしていく一方なのでね、ちょっとでも還元を受けて生きていきたいなあ、と考えるようになりました。

キャッシュレス還元合戦で世間が盛り上がっている時にも、チラッとキャッシュレス生活が頭にはよぎったんですけどね。情けない話、選択肢が多すぎてどれを選んで良いか、何が違うのか、が分からなくて身動きがとれなかったんですよ。

 

コーチ COACH 財布 レディース 二つ折り財布 レザー コンパクトウォレット [ブラック/ホワイト/ブルーグリーン] C2862 | 2021年春夏新作 2021SS 

価格:12,200円
(2022/5/23 03:19時点)

小銭貯金を卒業して半年

 

「宝くじが1億円当たったら」という妄想は誰しもしたことがあるとは思いますが、1億円の使い道ってパッと思い付かなくないですか。あまりに大きなお金すぎて、100万円、いやもっと少なくても良いですね。10万円くらいの方が「あれを買ってこれを買って…うふふ足りるかなあ~」なんて私は楽しくなれちゃう。大金よりも小金が似合う人間なんです。

 

小金が似合う人間に相応しく、小銭貯金に長年勤しんできたんですが、今年の頭の小銭の入金に手数料がかかるようになるよってタイミングで辞めちゃったですよ。だって手数料払いたくないじゃないですか。だけど、辞めたら今まで以上に小銭が集まるようになっちゃって。

ギャンブルをする人間なんですけど、換金すると「あとちょっとでお札になるのに!」みたいな金額なことがすごく多いんです。

 

とりあえずの打開案として、店員さんがピッとして支払いは自分でやる半分セルフのレジの時にせっせと消費しているんですが。でもいい歳した大人が小銭でジャラジャラお買い物ってどうなの!?って思う自分もいて。財布なんて要らないかもって人もいるキャッシュレスの時代に、小銭で財布がめちゃくちゃ重いのも嫌で。

 

後は小銭を消費したいあまり、ドン・キホーテによく行くようになっちゃったんです。半分セルフレジだから。明らかに余分な買い物も増えました。小銭を減らしたいのは確かなんですけど、無駄遣いをしたいわけじゃないんです。

 

もういっそのこと入金しようかなと思って色々調べてはみるものの。ゆうちょ銀行だと窓口で50枚までなら無料で入金できるんですけど、50枚ギリギリだと「あ、この人手数料ぎりぎりで持って来た」って思われるんじゃないか、とか考えちゃって。

 

ところが、少数の入金だったら窓口に行かずにATMが良いなあと思って更に調べたら、ATMの手数料が何と110円だったんです。25枚までですけど。100円が25枚で2500円、そこに110円の手数料はちょっと多い気がしますけど、これが500円玉だったら12500円に110円の手数料ですよね。あれ?意外と高くないじゃん、って。

 

「利息は全然なのに手数料はちゃっかり取りやがって」と思っていたんですけど、今まで無料だったものが有料になったからインパクトがすごく大きくて、めちゃくちゃ損するぞって思い込んでいたのかもしれません。

 

500円玉が20枚を超えたら、110円払ってATMで入金しちゃう。それでお札で引き出して高金利(0.2%)の銀行に移す。これが良いんじゃないかと。100円以下の硬貨は引き続き積極的に消費するしかないけれど。

ちなみに今500円玉を数えたら18枚あったので、手数料を払って小銭を入金するという初体験はすぐそこですね。

 

小銭貯金をしていた時は、小銭でいっぱいの貯金箱は海賊のお宝みたいに思えて嬉しかったのに。今では、使い勝手も悪いし、家に置いておくだけじゃ1円もお金を生んでくれないし、やっと手に入れた宝箱を開けたら中身が微妙だった、みたいな。

 

買ったつもり貯金とか、良い事(があったら)貯金とか、全然続かなくて。ワクワクして続けられた小銭貯金は半年前までは、1番好きですごく自分に合った貯金術だったんですけどね。

 

迷惑メールの季節です。

 

3年くらい前からですかね。迷惑メールが届くようになりまして。

迷惑メールって言ったら、昼夜問わず数秒置きに延々とメールが届く、そんなイメージがありますけど、近年私に届く迷惑メールは朝起きたら2通、夕方にチェックしたら2通、夜スマホを触っていたら1通届くといったようなもので。

グループラインなのに個人宛に使って、そのまま2人でずっとやり取りを続ける人っているじゃないですか。「それ個人ラインでやったら?」と言いたくなるアレ。アレの方がよっぽど煩いです。

 

2週間くらい経つとピタリとメールが止まって、3か月後くらいにまた再開。アドレス変更も考えたんですけどね。カード会社だったり通販サイトだったりのそれも変えなきゃいけないのかあ、と面倒くさがっているうちに届かなくなるので、ずるずると。メール頻度が激増しない限り多分このまんまです。

 

迷惑メールの定番と言えば「あなたに1000万円をプレゼントします」系と「あのドラマに出ている女優なのですが」系。

誰が引っ掛かるんだと思うんですけど、添付されているURLをクリックしたり、返事をしちゃう人が実際にいて、定期的にニュースで取り上げられます。でも大半の人は「あぁ、迷惑メールだな」でゴミ箱にポイじゃないですか。「お馬鹿だなあ、私がもっと騙せるメール内容を考えてあげようか?」なんて私も小馬鹿にしていたんですが、先日読んだマーケティングの本に『あの手の迷惑メールはカモ発見器です』って書いてあったんです。

 

警戒のアンテナがビンビンに立っている人を相手にするのは効率が悪いと。でもあんなレベルのメールに引っ掛かっちゃう人だったら、物を売りつけたり、情報を聞き出したりするのは楽ちんだよね、そういう人を炙り出しているんですよ、って。

そんなこと考えた事もなくて、何ならメールの不出来を笑って。なのに実はそれは計算された事だった。相手の方が1枚も2枚も上手で馬鹿はどっちだと反省しました。「自分がまさか詐欺にあうなんて」って言うのは、自分を過信したり、相手を見くびることで起こるんですね。

 

あとは流行っているネット系詐欺の情報を持っておくというのも大事なんじゃないかと。

母から「Amazonから支払いが済んでいないってメールが来るんだけど、どうしたら良い?」って。でも、話を聞いていくと、商品の購入の有無どころかAmazonの会員ですらなくて。マジで言ってんの?って思うんだけど本人、大真面目なんです。

 

すごいスピードで進化していく電子機器とかオンラインサービスに、アラサーの私でさえ付いていけなくなるんですが、そういった最新技術を使うことは難しくても「最近、このサービスを使ったこんな詐欺が流行っているんだって」ぐらいは知っておいたら、さすまたは期待しすぎでも、細い枝を振り回すくらいの防御力にはなってくれそうだなあ、と。

新しいサービスはどこもかしこもカタカナや英語表記ばっかりで、つい情報をシャットダウンしたくなっちゃいますけどね。

 

湧き上がる防災イズム

 

最近関西では地震が多くて。気象庁だか専門家の人が『関西の方は警戒して下さいね』と言っているニュースを見るんですけど、これ関西でしか流れていないんですかね。全国的に知られていることなんでしょうか。

 

私が経験した大きな地震として1番記憶に新しいのは、大阪北部地震(2018年・最大震度6弱)ですね。私の住んでいた地域では震度5の揺れだったんですけど。ドゴンッと突き上げるような衝撃がしてから、左右に揺さぶれるような横揺れがちょっと続いて。

地震の際にすることと言えば、火の元の確認と逃げ道の確保。揺れが落ち着いてすぐ、心臓をバクバクさせながらアラートが鳴り続けるスマホ片手に玄関を開けて。ところが、マンションに住んでいるんですけど、誰も出ていないんですよ。ちょっと待ってみても誰一人出てこないんです。こういう時ってわらわらと玄関から顔を出して「揺れすごかったですね」なんて不安を共有するもんじゃないんですか。

 

この時に被災したって言ったら大げさですけど、その経験から失敗だったと学んだことがあって。それが防災バッグの位置なんですけど。あの日クローゼットの中に入れていた防災バッグの存在を全く思い出さなかったんですよね。このままだと避難が必要な災害が起きた時も存在を忘れて行ってしまうんだろうな、と思って。

なので今はクローゼットから引っ張り出して部屋にボンと置いています。これはこれで部屋が片付いていない印象になってしまってちょっと悩ましいんですが、とりあえず目に入る場所に。

 

防災バッグはこの当時「防災士監修!19800円!」とすごくお高い物ばかりだった記憶があります。私はネットで調べながら自作したんですけど、今ではかなりリーズナブルな防災バッグもちらほら売られているので、今から作るなら安い物を1セット買って、ここに自分に必要な物を足していく形をとりたいですね。

 

防災バッグの宣伝文句に「命を救う」的なものが多いじゃないですか。防災バッグを作りながら「タオルや軍手で命は助からないでしょ。せいぜい笛くらいじゃん」って毒を吐いちゃったり。だけどもっと深く学んでいくと、防災バッグって生き残った後に使うものなんだなあって思うように。

 

そう考えるとバッグに入れたい物も少し変わってきますよね。避難した先で心を保ってくれるものは何だろうかって。

推しの写真を入れておけば避難先でちょっと心が救われる人もいるかもしれないし。小さい子だったら絵本や折り紙なんかで気分を紛らわすことが出来るし。

私には推しがいないのでとりあえず甘いキャンディーを入れておくようにしているんですが、チョイと食べれる物がない時に我慢できずに食べてしまって。また買っておかなきゃと思って早数ヵ月。買います買います。

 

どこかで大きな地震が起こる度に「南海トラフ地震は30年以内に起こる確率が80%」という情報が私の中でどんどん現実味を帯びてきて。もう起きることが決まっているんだったら、せめて私の足腰が健康なうちにきて!と身勝手なことを考えたり。いやでも、足腰が弱ってから未曽有の災害で被災するのは、想像するだけで怖いですもん。

 

災害が起こる度、買い占めが起こったり物資の供給が滞ったり。コロナウィルスでもマスクの買い占めが起こって全然買えなくなりましたよね。本当、お金があったって買えない時は買えないんだってインパクトがすごくて。あれを思い出すと、買えるうちに腐らないものくらいは備えておこう、防災バッグの中身を見直しておこう、という気持ちがメキメキと。

防災の”ぼ”の字も思い出さない時期もあるんですけど。いやむしろそっちが普通なんですけど、最近はこんな感じで防災意識が高まっています。

 

あす楽YAMAZEN(山善)防災グッズ/防災バッグ30BBG-30R(レッド)

価格:3,768円
(2022/5/18 00:37時点)

 

魔法にかけられたくて。

 

本を買いました。ベースメイクの基本的なやり方(プロ仕様)が載っている本を。

 

同級生の中でもおませさんだったり、お姉ちゃんがいる子だと、小学生や中学生でお休みの日にお化粧する子もいましたが、私がメイクに触れたのは彼女たちよりもずっと後のこと。

大学入学前の春休みに、高校の同級生から「コスメを買いに行かない?」ってメールが来て。ドラッグストアのBAさんが居ないコーナーで、知識のない2人がああでもない、こうでもないと言い合って、何とか選んだアイシャドウとアイライナーが私が初めて手に入れたコスメでした。

 

その時一緒にアワアワしていた友人は、早々にデパコスを買いに行くようになっちゃって。スタートは一緒だったのにいつの間にかすごく遠くに。

私はあんまりコスメに興味が持てなくて、お金をかけたいとも思わなかったから、その後も購入するのはシャドウやリップなんかの「メイクしている感」を味わえるアイテムばっかり。ベースメイクに手を出したのはずっと後でした。

 

それで本を手に入れた経緯なんですけど、本屋さんで石田ゆり子と目が合いまして。中身をペラペラと見たらベースメイク指南から始まっていたんですけど、率直に「へー、こんなに色々と考えてやるものなのか」と。

 

コロナ禍で行動が制限されるようになって「幼い子の2年はすごくデカイ」とあちこちから聞こえてきましたけど、私の2年だってデカイですよ。少なくとも小さくはないです。アラサーの定義って曖昧なので、コロナ当初は「もうアラサーですよぉ。えへへ。」なんて言っても許される年齢でしたが、今では誰がどう判断してもアラサーに区分される年齢になりましたから。

 

しかしこの歳になるまで、ベースメイクの手法が初めてコスメを触った頃のまま。適当にパパッとやって綺麗に見える若さは失われつつあって、それなりの技術が必要な年齢に差し掛かりつつあるんじゃないか、と立ち読みしながら思ったんです。そんなわけで技術が学べる本を買って帰り、今ではお手本に従って日々メイクを頑張っています。当然のことながら石田ゆり子には遠く及びませんが。

 

若く見える人・年不相応に綺麗な人、を美魔女と呼ぶのなら、間違いなく石田ゆり子は美魔女なんですけど、魔女っていう言葉あんまり似合わなくないですか。”魔法がかかっている”くらいの方がしっくりきます。このへんが「奇跡」と言われる所以なのかなと思ったり。

私も魔女じゃなくて魔法がかかっている女性になりたいです。いや、歳を重ねた時に美魔女で居られるだけでもすごい事なんでしょうけど。選べるならね。

 

ちょっと前に出版された本なので、モデルのゆり子は45~46才のはずなのに、表紙のメイクを施した写真より中のスッピン写真の方が若いの。本当に恐ろしい女ですよ。(褒めてます)

 

大人のMake Book (美人開花シリーズ) [ 岡野瑞恵 ]

価格:1,650円
(2022/5/16 23:49時点)

コロナ禍のくちびる

 

マスク生活を強いられるようになって、もう2年以上も経ちました。マスク生活が定着してきた頃「コスメが売れません!特に口紅が!」なんて悲鳴がちらほら聞こえてきたりして。まあ、マスクと口紅って、口紅からするとせっかく綺麗なのに隠されちゃうし、マスクからすると汚されちゃうし、で相性最悪ですもんね。

 

でも私は時代の流れに逆らうように、がんがん口紅を使っていましたよ。というのも、手持ちの口紅をチェックしたら、出るわ出るわ。こんなに持っていたっけ?ってくらいワサワサと口紅が発掘されてしまいまして。

 

マスクは確かに煩わしいけれど、買ってみたけど好みじゃなかった色も、微妙に使いにくい色も、使い切れる良いチャンスなんじゃないかと思って。それでマスク生活が明けたらちょっと高い口紅を買おう、今後は買い過ぎないようにしよう、そんな楽しみを作って、有り余る口紅を消費することに。

『マスクに付かない口紅!』なんてキャッチコピーの付いた新しい生活様式の口紅にフラフラ引き寄せられそうになりながら、気が付けば1本も口紅を買うことなく2年が経過してしまいました。しかしまだ口紅がゼロにならないんですよね。いくつかは使い切ったんですけど。恐ろしくないですか、口紅の使用期限って半年から1年らしいのに。本数をチェックした段階で既にアウトなものだってあったのに。

 

「そろそろマスクを外した生活をしようよ」って言葉が国民の願望でなく、偉い人の口からも出始めたというニュースもついこの間やっていたので、マスクを外すタイミングを一区切りとして、本当に好きなもの以外は捨ててしまって、強制的に手持ちをリセットするのも有りかなあと思い始めた今日この頃。

 

しかし「マスクを外そうよ」という意見に重なるようにオミクロン株の変異種のニュースも入ってきて。口紅の使い切りよりマスク解除の方が早そうだなあと思っていたけれど、そのアドバンテージは無かったことに。まだまだお気に入りでない口紅でマスクを汚す日が続きそうですね。新しい口紅はもう少しお預けかな。